動物由来のセラミド化粧水の効果とは

subpage1

天然セラミドについて考えてみましょう。



天然の物とは、ビオセラミド、セレブロシドです。


これ動物由来のものです。主に馬、牛の脳や脊髄などから抽出されています。馬は馬油などから、牛は牛海綿状脳症(BSE)の影響などで安全性が疑問視され、販売が中止されています。
馬から抽出されるものはウマスフィンゴ脂質と呼ばれています。

これはセレブロシドというものと同じであり、グルコシルセラミドとガラクトシルセラミドの大きく2つに分けられています。前者は保湿効果やアトピー改善効果のある素材として注目されています。

@niftyニュース情報に精通したサイトです。

さらに腫瘍に対向する効果も報告され、その働きが期待されているのです。


ガラクトシルセラミドは界面から抽出された強力な腫瘍の増殖を抑制する活性物質です。

動物性は肌との親和性が高いのが魅力なので、こういったものが配合された化粧水を積極的に使うことで肌の改善を期待できる事でしょう。

これらを配合した化粧水は保湿成分が高いので肌の水分を守り、また、外的な物質、例えば化学物質や、カビやダニなどといったものから肌を守ってくれる性質がある物が多いです。
何故ならそうして肌を守ってくれる成分である角質細胞脂質のおよそ40%が前述の成分であるためです。
そのためこれが肌に不足してしまうと外の刺激を直接受けてしまうので、肌にトラブルが起きやすくなってしまうわけです。
乾燥肌になってしまったりしない、肌の痒みや炎症を防止する、染みて痛いなどという事になってしまわないように、これらの成分が豊富に含まれた化粧水でケアをすることが大切です。

フラックスオイル情報を多数ご用意したサイトです。