セラミド配合の化粧品を使って保湿しよう

subpage1

テレビでもお店で「セラミド配合」といううたい文句が商品についていることがありますが、そもそも何か知らない人も多いでしょう。

エキサイトニュース選びをサポートするサイトです。

セラミドは皮膚の角質層にある細胞や、細胞と細胞の間を接着剤のようにひっつける役割の部分に存在するものです。


細胞と細胞の間にある接着剤のような部分を「細胞間脂質」といいますが、その主成分の半分に含まれているといわれています。


そのセラミドがあることで肌の状態にうるおいをもたせるわけです。

しかし、加齢や体調の変化によって減少し、かさかさとした乾燥肌や敏感肌になる原因になっています。角質層に含まれていることにより肌から水分が蒸発するのを防ぐ役割をしたり、細菌の侵入を防ぐ役割もはたします。

そこで、失った分をすべて補うわけにはいきませんが、皮膚からの水分の蒸発を少なくするためにも、セラミドが配合された化粧品や化粧水を使うことをおすすめします。

化粧品に含まれるセラミドの種類も様々あり、馬などから抽出した動物由来の天然ものや、コンニャクや米から抽出する植物性のもの、化学的に合成した合成ものがあげられます。

人には聞けない珍しいフラックスオイルが最近こちらで話題になりました。

化粧品を選ぶ際には、成分表を確認して決めましょう。また、実際サンプルなどで自分の肌に合うかどうかを試してみることが大切です。


やはり、体調によってその時の肌の調子もかわってくるので、手にとり自分にあうものを選びましょう。そして、忘れてはいけない大事なものは、1日3食きちんと食事をとり、肌にも影響がある良質な睡眠をとることを大事にしましょう。